奥伊吹スキー場ストーリー

HISTORY OKUIBUKI

SINCE1970

冬になるとたくさんの雪が村を埋め尽くし、人々の生活の大きな足かせとなっていたこの場所で、
村おこしとしてはじめられた奥伊吹スキー場。自力で山々を切り開き、
リフト1基の建設からはじまった、未来のスキー場造りへと続くストーリー。

HISTORY01

村おこしがスキー場作りの原点

つるはし5本から
始まった道路工事。

わずか「つるはし5本」での道路工事を皮切りに、自力で山々を切り開き、1970年にリフト1基を建設したところからスキー場がはじまりました。

この時期の出来事

聖徳太子像の千円紙幣発行 /
金閣寺が焼失

災害時、野宿しながら
21日間工事を。

1959年の「伊勢湾台風」では、旧伊吹町を流れる姉川の支流が氾濫。橋は全て流失、崖崩れ、堤防決壊の為、甲津原は孤立。「野宿で道路復旧工事」を「休みなしの21日間」でやり遂げました。

この時期の出来事

NHK教育テレビ放送開始 /
第1回日本レコード大賞開催

スキー場建設の相談を
断られたことも。

冬の生活を苦しめていた雪を良いものへとスキー場を建設を考え、大手電鉄会社に相談したが、スキー場への「道がない」ことで断りを受ける。だがそれにめげずに「自力での道造りを決意」。

この時期の出来事

名古屋放送開局 /
サリドマイド児問題化

HISTORY02

苦難を乗り越え、ついにオープン

開業初日は車3台、
お客様たったの7人。

1970年12月5日のオープン初日は車3台、お客様7人からのスタート。自ら開いた雪山にお客様が来てくれた「嬉しさと感謝の気持ち」を胸に、一歩ずつ歩みを進めました。

この時期の出来事

日本万国博覧会(大阪万博)開催 /
ビートルズ解散

開業当初は、
無我夢中の経営。

土木業をベースにはじまった素人の観光事業。それがスキー場。お客様に尋ねられて初めて「駐車場にトイレがない」ことに気が付いたり、失敗を重ねながら、無我夢中で経営を続けていきました。

この時期の出来事

日本万国博覧会(大阪万博)開催 /
ビートルズ解散

2年目のお正月は
2百人近くの来場者!

開業2年目はオープン初日にもかかわらず、「200人」近いお客様が。あの時の感謝と感激は生涯忘れません。

この時期の出来事

環境庁設置 /
アポロ14号が月面着陸成功

国設奥伊吹スキー場、
になったワケ。

1976年に国有林を借りて、ゲレンデエリアを拡大。整備や運営は自社で行っていたが、滑るコースが国の土地になることや、当時国設と付くスキー場が国内3つしかなかったことから、「国設奥伊吹スキー場」と名付けました。

この時期の出来事

昭和天皇在位50年式典開催 /
モントリオールオリンピック開催

HISTORY03

未来のスキー場を目指し成長を続ける

開業以来、初めて
10万人を突破!

開業以来初のシーズン10万人突破。リフトやコースを次々と増やして、レストランを新設。「関西最大級のスキー場」になるという大きな目標を持ち、急成長をとげました。

この時期の出来事

国際科学技術博覧会(つくば'85)開催

スキー場に不可欠、
リフト続々と増設!

1970年代後半からリフトの増設を続け、お客様も年々増えていきました。今ではリフト「9基」が稼働し、1時間に「12600人」を運べるようになり、輸送力も大幅にUPしました。

自社経営
ならではの強み。

大手企業や親会社の後ろ盾はなく、自社で全ての施設を運営していることで、「自由な発想やたくさんのアイデア」を生み出し続けています。明日は皆さんに「どんな驚きが作り出せる」のか?「ワクワクの原点」がここにあります。

1日の最高入場者数は
7350人!

毎年魅力を上げ続けることで、「家族・女性・学生・社会人・シニア」、「スキー・スノーボード・そり遊びや雪遊び」の幅広いお客様が来場。2019年2月の連休には、入場者数が49年間で過去最多となる「7350人」を記録しました。

  • VISION01

    シーズン120日以上の営業を目指す! シーズン120日以上の営業を目指す!

    あらゆる天候リスクに備え、人工降雪機を整備し、毎シーズン4カ月以上滑れるゲレンデ造りを目指します。

  • VISION02

    次の世代へ、子供達にスキーの楽しさを伝える! 次の世代へ、子供達にスキーの楽しさを伝える!

    若者のスキー離れと向き合い、これからを担う子供たちにスキーの楽しさを伝え、文化としての継承を目指します。

  • VISION03

    あっ!と驚くような「ワクワク」を届けたい♪ あっ!と驚くような「ワクワク」を届けたい♪

    今まで知らなかった雪山での楽しさを♪こんなスキー場に行きたかった!みんなの願いを叶えます。

積雪量

人数

奥伊吹スキー場の歴史

  • 1952 -
    曲谷〜甲津原の人と牛しか通れない石峠の迂回路工事開始
  • 1968 -
    スキー場用地60町歩を借り造成開始、ロッジ開設、駐車場完成(2,500台)
  • 1970 -
    スキー場開業、第1リフト完成
  • 1975 -
    国有林50町歩を借り受け保安林解除開始
  • 1977 -
    第2・第4リフト完成
  • 1979 -
    国設奥伊吹スキー場と命名、第4リフト・展望台完成
  • 1982 -
    レストハウス開設
  • 1983 -
    第6・第7リフト完成
  • 1985 -
    第3リフト、橋3基、カルバート橋1基完成
  • 1987 -
    第8パラレルリフト完成
  • 1992 -
    日本赤十字社より金色有功章を受章
  • 1995 -
    第9・第10リフト完成
  • 1996 -
    第11リフト完成
  • 2000 -
    日本赤十字社滋賀県支部より感謝状を受ける
  • 2001 -
    スノーボード一部解禁
  • 2002 -
    サンキッド導入、レストランのテラス新設
  • 2004 -
    第3クワッドリフト新設、アルカンデ新設(駐車場からゲレンデへの動く歩道)
  • 2006 -
    第2ペアリフト新設
  • 2007 -
    人工降雪機導入
  • 2008 -
    人工降雪機増設
  • 2009 -
    人工降雪機増設
  • 2010 -
    新コースの造成(最大斜度46度)、自動改札システムの導入(ACS)
  • 2011 -
    レストランのオープンテラス新設
  • 2012 -
    国内初トンネル付き動く歩道新設、レストラン併設のトイレ新設、人工降雪機増設
  • 2013 -
    人工降雪機増設、レストラン床全面じゅうたん張り、レンタルハウス増築
  • 2014 -
    センターハウス新設(レストラン450席、チケットセンター、インフォメーション、スクール受付、ウィンターショップ、キッズスペース、パウダールーム、オフィス完備の最新複合施設)、トンネル付き動く歩道新設、ゲレンデベース大幅拡張、人工降雪機増設、圧雪車購入
  • 2015 -
    奥伊吹ラジオDJステーション新設、オリジナルエア遊具新設、人工降雪機、降雪機全自動化、第10ペア制御更新、グリーントンネル延伸
  • 2016 -
    第9リフト制御更新、人工降雪機増設、第3駐車場のトイレ新設
  • 2017 -
    第6駐車場拡張、第1ペアリフトの乗降場の整備、第1ペアリフト制御更新
  • 2018 -
    日本最速高速リフト新設、人工降雪機増設、ポンプ設備増強、第6駐車場再拡張、レンタルハウス拡張、コインロッカー増設、更衣室の拡張&リニューアル、新しいレンタル用品の大幅入れ替え、ブランドウェアの導入
50th ANNIVERSART! グランスノーおくいぶきに生まれ変わります!

大阪より110分!京都より80分!名古屋からは60分!

奥伊吹スキー場

〒521-0301 滋賀県米原市甲津原奥伊吹 奥伊吹スキー場 [map]
TEL/0749-59-0322(8:00〜17:00)